2012年7月11日 (水)

布ナプキンて??

某SNSにログインしたら、布ナプキンの広告が表示されてビックリ!!
ずっと、似非科学批判のページを読んでてホメオパシーについても書いてあったから?

おっちゃんには、生理のことはわかるはずもないですが、紙の生理用品には石油系の化学物質がたくさん使われてて発がん性がとか…ダイオキシンがとか…にはもっと???

2人に1人ががんになる…

恥ずかしながら、今まで知りませんでした…

でも、古い記事ですが、こういうのがありました。
http://www.asahi.com/health/seiho/TKY200904010072.html
2人に1人になるのは、85歳以降だというのです。
本当なのでしょうか??
このグラフや統計の見方は正しいのでしょうか?
誰が教えてくださ~い!!

2012年7月10日 (火)

健康診断…大腸がん? 

自治体の検診で便潜血反応検査に引っ掛かりました。
一週間後に大腸内視鏡検査をすることになり、やっぱり大腸がんが心配でついついネットで調べてしまいました。

何年か前に突発性難聴になり、いろんな病院に掛かったり変な(?)治療法に手を出しそうになったことがあります。
それまでは、幸いにも治る病気や薬を飲み続ければよい病気にしかなったことがなく、治らない(?)病気になったのは初めてだったからだと思います。

しかし、EBMや似非医療・似非科学批判を知りなんとか踏み止まりました。
ただ、いくら疫学や統計の本を読んでも、学が無いのは悲しいものでさっぱり理解できませんでした。

今回も、トンデモながん治療がたくさんありました。
結局、がんではなかったので冷静でいられましたが、これががんだったらこんなに冷静に考えられたかは疑問です。

便潜血反応検査は割と偽陽性が多いらしいので、結果が出る前に必要以上に心配し過ぎるのはいけないですね、つい心配にはなりますが。
でも、ちゃんと大腸内視鏡などの精密検査を受けることはとても大事なことだと思います。

2012年7月 9日 (月)

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い??

お医者さんてなんで人の話をきいてくれないんでしょう?
特にめまいや耳鳴りなんて聞いてくれない!
…ような気がします。(笑)

そりゃ、CTも撮って異常がなければ仕方ないし、もちろん薬もちゃんと出してもらえます。
効いたり効かなかったりはしますが。
「疲れでしょう」「様子を見てみましょう」て何度言われたことか。

心因性なんでしょうか?
気にし過ぎでいい歳して「かまってちゃん」になってるのでしょうか?
その可能性は大ですが、それにしてももう少し話し聞いてくれてもいいのにと思う。
こうなりゃ少しくらい似非医療(?)でも、じっくり話し聞いてくれるとこに行こうかってもんです。

それは冗談ですが、治らなかったり原因がわからない病気で現代医療から距離を置くきっかけになることも多いのかなと思います。

くれぐれもこの先、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ってことには注意せねば!(笑)
て、もちろんいい先生が多いんですけどね。

NATROMさんてお医者さんのブログが大変参考になります。
ちょっと、議論になると容赦がないと感じるかもしれませんが(笑)、似非医療に引っ掛からない為に役立つ記事が満載です。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20100903

無料ブログはココログ